サニーサイド四畳半

女児向けアニメ好きゲーマーによるゲームブログです。

【年末企画②】個人的 ANIME of the Year 2015

さて、2015年も最後の更新は、今年特に気に入ったアニメを5本選出し、カウントダウン形式で発表、勝手に褒めちぎる『個人的 ANIME of the Year 2015』をお送りいたします。

 

ルールは昨年と一緒。2015年内にTV放送が完結、または劇場放映されたアニメのうち、僕が観たアニメが対象。ただし『プリキュア』シリーズと『アイカツ!』は除きます。

詳しくは昨年の記事をご覧ください。

hakusai913.hatenablog.com

もちろん、僕の趣味趣向が反映されたある程度偏ったランキングになります。また、1年近く前に視聴したアニメについておぼろげな記憶を元に語っているので、事実と異なることを言っている可能性もありますが、その点はご容赦ください。

 

それでは、さっそく第5位から行ってみましょう。

 

 

 

第5位 『RWBY  Volume1』

今回のランキング、上位4作品はすんなり決まったのですが、第5位の選出はかなり悩みました。

完成度という点では『劇場版PSYCHO-PASS』も巣晴らしかったですし、『翠星のガルガンティア ~めぐる航路、遥か~』も異文化交流や共存共生といった本編のテーマをより掘り下げた爽やかな続編でした。また、5年間引っ張った物語に決着をつけた『Working!!!』も感慨深いものがありました(さとやち大好物です)

この『RWBY』は未完結の作品なのでランキングに組み込むべきか迷ったのですが、上記の作品群以上にまるで自分のような人間のためにある作品、という感覚が強かったので、その気持ちを優先しました。

深夜アニメもそれなりに目を通している僕ですが、一部の層へのアピールのための、露骨なお色気や百合といったサービスカットに辟易することは少なくありません。

『RWBY』はアメリカの映像スタジオが手がけたCGアニメですが、彼らが「日本のアニメのカッコいいところ」にインスパイアされたであろう数々の要素は、結果的に僕にとっても実に不純物の無い、「アニメで観たいワクワク、ドキドキ」に満ちていたのです。

特殊な力を持った少女たちがケレン味たっぷりのド派手なアクションを繰り広げながらも、学園生活を通じて成長し、友と絆を深めていくという日本のアニメに慣れ親しんでいる身にとっては王道のストーリー。しかし物語のテーマのひとつに「種族の違いによる差別や偏見」といった要素もあり、このあたりの時代背景も含めた設定の奥行きはアメリカの作品ならではだと感じました。

CGはいかにも少人数制作といった造りですが、主要な4人のキャラクターが力を合わせて戦う中盤の戦闘シーンまで観れば印象は変わるかと思います。日本向けの吹き替えも素晴らしく、小清水亜美さんのドスの効いた「オラオラオラオラァ!!」を聴くためだけに視聴しても、元は取れるのではないでしょうか。

戦闘ヒロインがお好きな方にはぜひ目を通して欲しい作品です。

 

 

第4位 『響け!ユーフォニアム

けいおん!』以後の京都アニメーションが手がけるTVシリーズでは 『氷菓』を超えて、最も好きな作品になりました。

背景美術、夏の暑さを感じるような日差しの表現、女の子のぷにぷに感…元々京アニの映像クオリティは他の追随を許さないものがありますが、本作はその点も過去作よりさらにワンランク上がったように思います。

ストーリーは部活モノの王道といった感じですが、それら絵作りや演出の素晴らしさが王道の良さを最大限まで引き出しており、原作小説よりマシマシになっているという百合描写もいやらしくない、自然と頬が綻ぶようなものとなっています(この辺のさじ加減は言語化が難しい)

この作劇のすさまじさが特に如実に現れたのが第8話、夏祭りの夜の久美子と麗奈のシーンで、このあたりからキャラクターたちの造形は深みを増し、その後の感情移入のきっかけになったように思います。

最終話の結末をまるで吹部の一員のように喜ぶことができたのも、それらの素晴らしい作劇の積み重ねがあったからこそでしょう。

 

夏紀先輩と付き合いたい

 

 

第3位 『心が叫びたがってるんだ。』

あの花』があまり好きになれなかった僕にとって、本作は「望んでいた岡田麿里が帰ってきた」と言える傑作でした。

やはり彼女が青春群像劇を手がけたときの魅力はヲタク向けに漂白されていない、顔を背けたくなるような思春期特有の「こっ恥ずかしさ」にあるでしょう。リアルとファンタジーとのバランスが絶妙で、あらゆるシーンで妙に身に覚えを感じ、心をざわつかせるのです。

苦手な方も多いでしょうし、岡田麿里さんにアンチが多い理由の1つでもあるかとは思いますが、他のアニメではなかなか味わえないこの「心地悪さ」が僕は大好きなのです。

本作のキャラクターではメインヒロインである成瀬順の小動物的な可愛さが人気を集めているようですが、個人的にはもうひとりのヒロイン、仁藤菜月がめんどくさくて良い。いや成瀬順も(ついでに田崎くんも)たいがいめんどくさいですが、菜月ちゃんのほうがめんどくささが女々(おんなおんなと読む)してて良いです。『true tears』の湯浅比呂美、『とらドラ!』の川嶋亜美、『凪のあすから』の比良平ちさきの系譜にハマった方ならわかってもらえるんじゃないでしょうか?

プロモーションでは『あの花』ばかりが引き合いに出されていますが、ストーリーとしては『新約 true tears』みたいな印象のほうが強いです。

これからも心地悪いアニメをつくり続けて欲しいですね。

 

 

第2位 『ガールズ&パンツァー劇場版』

TVシリーズはとても面白かったものの、そこまで僕に合った作品では無いかな、という印象だった『ガールズ&パンツァー』ですが、劇場版でそれが大きく覆されるとは思いもしませんでした。

戦車凄い!戦車かっこいい!!戦車を乗りこなす女の子たちかっこかわいい!!そんなガルパンのシンプルな魅力をTVシリーズを遥かに凌駕する濃度で120分という器にはみ出るくらいにブチ込んだ、これが食事だったら1食で寿命が5年くらい縮みそうな高タンパク高カロリーな傑作戦車アクション。こんなものを出されたら好き嫌いなんか麻痺してしまいます。

やはりその魅力は「120分のうち7割が戦車戦」という栄養バランスを度外視した取り合わせと、「TVシリーズのオールスター+新キャラクター(合わせて60人くらい?)すべてに見せ場がある」という職人技的な構成にあるでしょう。

この戦車戦が度肝を抜く光景の連続で、本物の戦車では不可能な動きなんだろうけど、作中の戦車のCGの質感や挙動、効果音のリアリティによって強い説得力を持っており、同監督が手がけた別作品に出てくる、「カッコ良く嘘をつく」の最たる例と言えるでしょう。

確かに試合に至るまでの過程はご都合主義と言えるでしょう。しかしドラマとして薄いかと問われれば僕はノーだと思います。

中盤のドラマパートを最小限にとどめ、戦車戦の描写に全力を注いだからこそ、少女たちがどんな想いで、どんな心境の変化をもってして戦車を駆るのか、それが言葉だけでなく、戦車の挙動からも伝わってくるのです。

僕は4回劇場に足を運びましたが、まだまだ視聴体験が色あせた感覚はありません。むしろ回数を重ねるごとにキャラクターたちへの愛着は増すばかり。

何度観に行ってもクライマックスで砲撃が鳴り止み、静寂が訪れるシーンでは僕の心臓はバクバクいっていますし、この感覚は後に発売されるであろうブルーレイではきっと味わえないでしょう。

観るなら、劇場に足を運ぶことを強く推奨します。

 

 

第1位 『SHIROBAKO』

P.A.WORKSは僕の特に好きな制作スタジオで、ここが手がける作品は毎回チェックするようにしています。しかし昨年までなら、「P.A.WORKSの最高傑作は?」の問いに対する答えは、人によってかなりバラけていたことでしょう(僕は『TARI TARI』派でした)

しかし今改めて同じことを問いかけた場合、『SHIROBAKO』以外の作品を挙げる方はなかなか少数になってしまったと思います。

なぜ『SHIROBAKO』を最高傑作に挙げる人が多いのか?それは「P.A.WORKSの最高傑作は?」なんて問いに迷いなく答える人間はほぼ間違いなく「アニメが好き」であり、『SHIROBAKO』がアニメファンと、アニメ制作に携わる人と、これから先アニメに触れる人、それら全ての人々に対する熱烈なラブレターに他ならないからなのです。

アニメが好きで、アニメに携わる仕事に就いた、あるいは就くことを夢見る少女たちのサクセスストーリーであり、アニメをファンに届けるために奔走する人たちを描いた「お仕事モノ」の群像劇でもある本作は、過去から未来へ続いていくたくさんの人々がアニメに込めた『希望』の連鎖について語り、幕を下ろしました。

おそらく現実のアニメ業界で成功と呼べるようなキャリアを積める方はごく一部なのでしょうし、「このアニメみたいに甘くない」という見方もあるでしょう。

そのリアルとエンタメのバランスが『SHIROBAKO』は素晴らしいんだ、と言う人もいます。でも、本作が何より尊いのは、アニメ業界を今まさに生きている人たちが、現実を知りつくしながらも、それでもアニメは尊く、素晴らしく、より良い形で後世に残していくべきものだという確固たる想いを、この作品に込めたということなのだと思うのです。

アニメをつくる人たちとアニメファン、その双方がアニメに『希望』を見出し続ける限り、その『希望』の数だけ様々な彩りを生み出すこの真っ白な宝箱は、金字塔であり続けるでしょう。

 

 

総評

いや~、今年はゲームもアニメも素晴らしい作品にたくさん出会えて充実した1年でしたね!

そしてアニメは振り返ってみれば完全に「水島努year」でもあったわけで、彼の作品は今まで意識したことはあまり無かったわけですが、今後は必ずチェックすることになりそうですね。

なんか燃え尽き症候群というか今年でアニメファンとしては若干ピークを迎えた感があって、来期のアニメもあまりチェックできていないわけですが、『SHIROBAKO』や『ガールズ&パンツァー』のような作品が出続ける限り引退ということはまず無いでしょうね。これからもゲーマーよりは緩いスタンスで、粛々とアニメヲタクもやっていこうと思います。

 

ちなみに第1位と第2位の順位は入れ替ようか迷ったんですが、第1位の文章を改めて見直すと入れ替えは無理そうです。

第2位あたりから文章に妙な色がついたと感じた方は察しが良いですね。そこから深夜のテンションで書いており、後に書いた第1位のほうが重症です。

 

それでは、ぎりぎり年内に書きあがったので手短にあいさつを。

 

こんなブログを読んでくださった全ての人に感謝を。

2016年もよろしくお願いします。

 

 

よいお年を!