サニーサイド四畳半

女児向けアニメ好きゲーマーによるゲームブログです。

僕は『夏色ハイスクル★青春白書(以下略)』を心の底から楽しみにしている

もういくつ寝るとお正月ですが、2014年のゲームライフは皆さんにとってどのようなものだったでしょうか?

僕にとっての2014年は、インディーゲーム、フリーゲームスマホアプリ等、いままでほぼ未開拓だったジャンルに手を出したこともあり、かなり充実した1年だったと言えます。

しかし純粋な2014年産タイトルに目を向けると、例年と比べ突き抜けた魅力を持ったタイトルは少なかったように感じます。特に国産コンシューマタイトルは発売延期も目立ち、ちょうどコンシューマ機の世代交代に付随した”谷”の1年間だったと言えるでしょう(期待値の高かったタイトルがことごとくアレだったのも大きい)。

2015年はその反動で多くの期待作が我々ゲーマーと相対し、積みゲーとの戦いが激化、幸福な苦悩を味わい続ける1年になることが期待できます。

今回はそんな2015年発売タイトルの中でもひと際輝いて見える(個人差があります)、あるコンシューマタイトルについてのエントリーです。

 

2015年は国産タイトルにとっての「オープンワールド元年」になる?

PS3Xbox360時代、オープンワールドと呼べる国産タイトルはいくつか存在しました。しかし、それらの多くは海外産オープンワールドと比較した際に「持ち味」と呼べる要素を欠いたものだったように感じます。

2015年は日本がこれまで培ってきたゲーム作りのノウハウをオープンワールドゲームデザインに落とし込もうとした野心作がいくつも登場します。

 

まずは『ゼノブレイドクロス』

日本のアニメ、ゲーム文化に根差したアートワークとJRPGの文法を落とし込んだオープンワールドとして、そしてモノリスソフトが『ゼノブレイド』で実現できなかった事をやり尽くした集大成として新たな情報が解禁されるたびに期待が高まります。

 

そして『メタルギアソリッドファントムペイン

MGS4以降、小島秀夫氏が思い描いた「メタルギア」の結実として、そして国産タイトルの到達点を示す作品として君臨することでしょう。(ただし、本当に2015年に発売できるかどうかはコジマ・カミナンデスのみぞ知る所である)

 

それからWiiU版『ゼルダの伝説

正直、ゼルダゲームデザインオープンワールドとの相乗効果が見込めるのか、という点で僕はとても懐疑的で、ここまでに挙げた3タイトルの中での期待値は最も低いです。これを覆すような、ゼルダに対する固定観念を壊し尽くすような快作となることを期待します。(尚、本当に2015年に発売できるかどうかは青沼以下略)

 

これら3作は、シリーズとしてのネームバリューも申し分なく、おそらく国産ゲームとしては破格の開発資金を投入することが可能、そしてジャパニーズゲームの未来を担う運命にある、成るべくしてオープンワールドに成った作品群といえるでしょう。

しかし2015年、ミスター「2匹目のどじょう」、得意分野「出オチ」、「フルプライスでもシンプルクオリティー」のD3パブリッシャーから、完全新規タイトルで、おそらく開発資金は上記タイトルの50/1以下、そしてジャパニーズゲームへの印象を下方修正させる運命にあるオープンワールド作品が発売されることをご存じでしょうか?

前置きが長くなりました、そのタイトルの名は、夏色ハイスクル★青春白書、

正式名称は『夏色ハイスクル★青春白書 〜転校初日のオレが幼馴染と再会したら報道部員にされていて激写少年の日々はスクープ大連発でイガイとモテモテなのに 何故かマイメモリーはパンツ写真ばっかりという現実と向き合いながら考えるひと夏の島の学園生活と赤裸々な恋の行方〜』です。(やっぱり出オチ)

 

さあ、ふるえるがいい!(どん引き的な意味で)

まずは数日前に公開された、こちらのトレーラーをご覧ください。あ、家族が近くに居ないときに観ることをおすすめします。

 

…如何だったでしょうか?恋愛及び撮影対象となる魅力的な女の子たち、自由に駆け回れるオープンワールド、そして一般人どん引き必至な撮影シーンと数々のおまけ要素。

ゲームのトレーラーには、シネマティックなムービーシーンや世界観を見せるばかりで、肝心のゲームシステムについて全く説明する気が無いようなものも結構あります。しかし今回公開された夏色ハイスクルのトレーラーはストーリーや舞台の解説も織り交ぜつつ、本来ゲームのトレーラーが見せるべき要素を非常に上手くまとめています。

ここまで作品の持ち味を明確に、キャッチ―に、コンパクトにまとめたトレーラーは、僕の知る限り『スプラトゥーン』のE3 2014用トレーラー以来です。

おまけに「このトレーラーで引いてる方はこのゲームを手に取るべきではないですよー」という警告も兼ねており、非常に良心的と言えます。

 

本作が持つ大いなる意義

もちろん、本作に上記した3タイトルや海外AAAタイトルのような探索し甲斐のある広大なオープンワールドなど期待出来るはずもなく、南の島が舞台となっている理由の1つには「狭いことの言い訳になる」というものがあることは容易に想像できます。

それでも本作は出オチだけで片付ける訳にはいかないポテンシャルを感じます。

オープンワールドの先駆け的なタイトルである『シェンムー』の時代にはすでに、「モブキャラのパンチラを拝めるポイントを探す」という遊び方が行われるのがこの日本、そして日本のゲーマー(多分童貞)です。

シェンムー』のモブキャラなんてそこまで可愛い訳でもなく、パンチラなんて見ることが出来ても性的興奮など覚えなかったに違いありません。しかし、日本のゲーマーはいつの時代もパンチラを求めてきた。それは何故か?

そもそもパンチラ、パンモロなど今やインターネットで探せば一瞬で見つかります。あえて苦労や試行錯誤をしてまでゲームキャラクターのパンツを見ようとするのは、パンツを見るために四苦八苦する行為のロールプレイを含めて楽しんでいるに他ならないのです。「パンツが見れた」という結果ではなく、その過程の苦労があるからこそ求める、という思考は、実にゲーマーとして健全なものと言えましょう。

そしてそんな童貞ゲーマーにとって、夏色ハイスクルは「オープンワールドでのハレンチ行為特化」という、待望のコンセプトに向き合ったタイトルなのです。

 

世界よ、これが日本だ

漫画「バキ」に、苦戦するビスケット・オリバに対し範馬勇次郎が投げかけた「競うな!持ち味をイカせッッ!!」という台詞がありますが、夏色ハイスクルは、総合力では決して勝ち目のないオープンワールドという土俵に立ちながら、これまでD3パブリッシャーが『SIMPLE 2000 シリーズ』や『ドリームクラブ』、『バレットガールズ』で培ってきた「バカバカしくて低俗で童貞丸出しな最低のエロ要素」という「持ち味」を最大限にイカし切った作品になることが期待できます。

優れたオープンワールドなら『GTA』や『スカイリム』をやればよい。

エロいだけで良いならエロゲをやればよい。かわいい女の子を撮影するゲームがやりたければ『フォトカノ』をやればよい。

しかし自由に動き回れるオープンワールドで、同じように自由に暮らす女の子たちに対してのローアングルからの接写に特化した、そしてその過程の試行錯誤を楽しめるゲームは、夏色ハイスクルだけなのです。

そんな本作の動向を、これからも、生暖かい目で見守って行こうと思います。