読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サニーサイド四畳半

女児向けアニメ好きゲーマーによるゲームブログです。

『Bloodborne(ブラッドボーン)』 ヤーナムよいとこ一度はおいで

PS4待望のキラータイトル、『Bloodborne』のレビューです。 これまでわざわざPS4を買う、という行為は、よほど最新ハードは触れてみなければ気が済まない、という人間以外にはおすすめできなかったのですが、やっと「このゲームの為ならばPS4を買う価値があ…

『ヒュプノノーツ』 おとなの階段は片道切符

今回はiOS、Androidで無料配信中のRPG『ヒュプノノーツ』のレビューをお送りします。 僕がプレイしたのは2015年2月24日に配信が始まったリメイク版。オリジナル版はAndroid専用の有料アプリで、リメイク版のリリースと同時に配信を終了したとのこと。 このゲ…

『ドランシア』 僕の冬休みを盗ったのはこいつです

僕は家に居る時は据え置きハードやPCのゲームをプレイしなければならない(義務感)ので、スマホのゲームは基本、外出中にプレイしています。 しかし積みゲーの消化に勤しもうと思っていた年末年始、在宅中の僕の時間すらもことごとく奪っていったスマホゲー…

『残懐』 丁寧な心理描写が持ち味のシリアス系フリーノベルゲーム

今年の僕の目標は「PCを買い替える」、「英語のゲームを臆せずプレイする」、「フリーゲームを開拓する」の3つなのですが、さっそく最近出たフリーゲームを物色していて目に留まった『残懐』をプレイ。 面白かった、という表現が適切かどうかは分かりません…

『Analogue: A Hate Story』やろうぜ、可愛いおにゃのことのハーレムエンドもあるし!

『Analogue: A Hate Story』はLove Conquers All Gamesが手掛けたノベルゲーム。作品自体のリリースは2012年ですが、2014年12月4日に日本語版の配信が開始されました。 僕は本作の存在を日本語版配信の半月ほど前に初めて知ったのですが、カナダ人の同性愛者…

『セブンスコート』 エイプリルフール企画にあるまじき傑作ノベル

先週は『ファタモルガーナの館』の余韻に浸りながら、Novectacle公式サイトでダウンロードできるフリーゲームをちょこちょこつまんでいました。 中でも昨年のエイプリルフール企画として配信された『セブンスコート』が実に面白かったので、今回はこの作品の…

『ファタモルガーナの館』 鬱に次ぐ鬱からの夫婦漫才

遅ればせながら『ファタモルガーナの館』、トゥルーエンドまで到達しました。 ノベルゲームはそこまで多くプレイしてはいないのですが、そのプレイ遍歴の中にも心からのお気に入りとなった作品は、2本あります。 それは僕がノベルゲームも嗜むようになるきっ…

『Monument Valley -Forgotten Shores-』  完成度を増したスマホゲーマー必携パズル

『Monument Valley』はエッシャーの「だまし絵」をギミックに組み込んだパズルゲーム。2014年4月3日にiOS版が、5月14日にAndroid版が発売され、世界的に大ヒットを記録しました。 今回は11月12日に配信が始まった、全8ステージの追加コンテンツ『Forgotten S…

『サイコブレイク』 誰にもオススメなんかするものか!

『サイコブレイク』、エンディングまで到達しました。 いや~、楽しかった!いったん別のゲームに移りますけど、早く2週目に挑戦したい。この前本作の出来への不安を記事にしましたけど、杞憂でしたね。 <a href="http://hakusai913.hatenablog.…

『Ib』 ツクールゲーとのファーストコンタクト

※本エントリーは過去に別のブログで書いたレビューの、加筆修正版となります。 2012年2月27日に公開されたフリーゲーム、『Ib』のレビューです。ツクール制作のフリゲは初めて遊んだのですが、丁寧なつくりに驚かされました。現在(元記事が執筆されたのは20…

『零〜濡鴉ノ巫女〜』があまり怖くない⑦つの理由

エンディングまで到達したので、WiiU用ソフト『零〜濡鴉ノ巫女〜』のレビューをします。クリア後の特典及び追加モードには手をつけていませんが、本作のプレイは一端ここで打ち止めにします。長かった… 過去の『零』シリーズのプレイ経験は『紅い蝶』のみ。…

『ghostpia』 目で見て、耳で感じる連載小説

『ghostpia』はiOSで10月6日に、ノベルスフィア*1で10月10日に第1話が配信されたデジタルノベルです。公式ジャンル名は「デンシ・グラフィックノベル」とのこと。 シリーズ物として順次続きが配信されることとなっており、第2話は10月24日に配信予定。*2 …

『レイマンレジェンド』 2D PLATFORMER OF THE YEAR 2013

2013年10月17日発売のWiiU用ソフト『レイマンレジェンド』、現在はPlayStation Vita版も発売されています。 去年僕が遊んだ中で、一番のお気に入りとなったゲームです。

『Papers, Please』 そんな眼差しで俺を見ないでくれ

僕の低スペックノートPCでも遊べそう、という事で遅ればせながら『Papers, Please』をプレイしました。 …何故もっと早く遊んでいなかったのでしょう。ゲームデザインの独自性、プレイすることで補完されるナラティブな物語、それらの調和によって生まれる感…

『ブラザーズ:2人の息子の物語』 ゲームであるという必然

昨年8月7日にXbox Liveアーケードで配信され、その後Steam、PSNでも配信された、『ブラザーズ:2人の息子の物語(原題:Brothers: A Tale of Two Sons)』のレビューです。

『ゼルダの伝説 風のタクトHD』 本質を色褪せさせない、匠のリメイク

2013年9月26日に発売されたWiiU用ソフト、『ゼルダの伝説 風のタクト HD』のレビューです。

『ハピネスチャージプリキュア! かわルン☆コレクション』 ゲームで祝うプリキュア10周年

『ウォッチドッグス』の次に『かわルン☆コレクション』のレビューが並ぶのはこのブログだけ!(多分) という訳で、プリキュアファンによるゲームブログ、本領発揮です。

『ウォッチドッグス』はオープンワールドアクションをアップデートできたのか?

『ウォッチドッグス』(PS4版)エンディングまで到達しました。 ここ最近購入した「オープンワールドアクション」は、『GTAⅤ』といい『セインツロウⅣ』といい、途中で飽きて積んでしまっており、その手の作品で最後にクリアしたのは何かな?と記憶を遡ってみた…